So-net無料ブログ作成
検索選択

センター試験勉強法の初歩 [センター試験勉強法]

現役生はまだ部活で忙しいかもしれないけど、現役合格をめざすのであれば、いまのうちから少しずつ勉強を始めましょう。浪人生は今のうちの現役生に差をつけておきましょう。現役生はやはり後半から成績が伸びてきます。


大学入試センター試験で、得点率で9割以上を狙う人は、まずは数学は1A2Bとも満点を狙う必要があります。センター数学は、しっかりと勉強できていれば、両方とも9割は可能です。ただ、どうしても細かいミスで満点を逃してしまう人が多いようです。


また、センター試験の中でも、国語と英語は配点が200点と、他の科目に比べて、比重が重くなっています。この2科目で失敗すると、全体の平均率が一気に下がります。8割や9割を目指している人は、この2科目をまずは克服しましょう♪




センター模試もこれから始まっていくけど、前半の模試は、範囲が現役生にあわせてあるから、浪人生にとっては超簡単。ここで成績が上がったと思っていると、11月くらいに成績が伸びていないことに気づくよ。センター模試とかの成績は気にしないで、驕らないで、もくもくと勉強を進めましょう[晴れ]


まだ5月と思っていると、あっという間に、センター試験の1月を迎えます。センター試験は大学受験の第一関門です。ここで失敗すると、かなりの精神的なダメージを受けます。逆に、ここで成功すれば、自信がつき、次の二次試験にも良い効果になります。


センター試験に限らず、受験勉強では、正しい勉強法を知らないと効率が悪くなってしまいます。そうなるとがんばっても成績が伸びない苦しみに襲われます(((( ;゚д゚)))


そうならないためにも、早い段階から正しい勉強法を身につけて欲しいと思います。目標の大学合格を目指してみんながんばれ!(・∀・)!


センター試験の始めはやはり「過去問」です。センター試験でも以前に過去問と似た問題を出題すると大学入試センターが発表したのは有名ですね。それ以前からも毎年過去問と似たような問題は出ていました。


だからこそ始めは過去問から始めるべきです。そこで、センター英語であれば、単語の難易度、長文の長さ、問題形式など、いろいろな情報をゲットしましょう。
その情報を知っているか知らないかで、普段の勉強の情熱も違ってきます。


過去問を解くメリットはまだまだあります。センター模試で良い点を取っても、本番でずっこけるひとはたくさんいます。なぜなら、予備校講師が考えたセンター模試より、もっと多くの人が関わって問題が考えられているセンター試験のほうがよっぽど練られているからです。


小手先で解けるような試験を全国の受験生が受けるわけはありません。
なので、模試でよかったからと安心せず、今のうちから対策していきましょう。



次にセンター試験を受験するメリットについてです。
センター試験の点数は、国公立大学だけでなく、私立大学の入試にも利用できます。


私立大学の一般入試が難しくても、センター試験の点数だけで入れる大学もたくさんあります。


難関と言われる慶応や早稲田大学もセンター利用の学部や学科があります。
二次試験は難しくても、基本的な問題の多いセンター試験なら、比較的点が取りやすいです。


なので、センター試験対策は、国公立だけでなく、私立大学の合格可能性も上げることになります。

センター試験勉強法
センター試験国語勉強法
しっかりとした対策をすることをおすすめします。
上のサイトはセンター試験の勉強法を学ぶ上でのおススメサイトです。
やはり、実際にセンター平均9割の人の意見や勉強法は、一味違いますね。
nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。